【バンコク長津】~休憩時間の過ごし方~

いつもながぶろをご覧いただきありがとうございます!

バンコク長津のあっちゃんです。

 

今回のブログは、バンコク長津の休憩時間の様子をご紹介したいと思います!

 

なぜ休憩時間のご紹介かというと、このブログを読んでいただいてる皆様にリアルなタイの国民性やスタイルを一番わかやすく紹介できるのは仕事中よりも休憩時間(リラックス中)だと思ったからです!

 

それではさっそく、日本とはちょっと違う、どこか懐かしさもある

タイの休憩時間の過ごし方についてご紹介していきたいと思います!!!

 

一つ目はこちら・・・・

みんなテーブルの上の”なにか”を真剣に見ています・・・。

さて、これは何をしているでしょう??

 

・・・

 

・・・

 

これは、タイ語で「マークホース」と言って、英語にすると「チェッカー」と言うボードゲームの一種です!

色違いの丸い駒を使って相手の駒を取り合うゲームをしています。

(日本ではあまり馴染みがない・・・?)

みんな真剣です┌(`・_・´)┐!!

 

休憩終了のチャイムが鳴ったら、駒は片付けずに、みんなそのままにして仕事に戻ります。。。

私もタイに来た当初は、みんなが仕事に戻ったあと、ボートと駒を片付けようとしたのですが・・・・・・・

次の瞬間、

「触らん方がええで。」と、S工場長の声が・・・!

「!?!?なんで・・・?」

そうなんです。彼らは次の休憩時間が来たら先ほどの勝負の続きをするから動かしたらダメなんです!!

本当に真剣です┌(;`・_・´)┐!!

気温35度の灼熱の中、アツい戦いが繰り広げられているのでした~!

続いてご紹介するのは、みなさんもきっとご存知ではないでしょうか・・・??

はい!

セパタクローです!!

 

セパタクロー(sepak takraw)は、東南アジア各地で9世紀ごろから行われている球技を元にした近代スポーツ!

セパ(sepak)はマレー語で「蹴る」、タクロー(takraw、ตะกร้อ)はタイ語で「籐製のボール」を意味します!

こんなボールです!

私も少しだけやっていたのですが、、、足に当たると赤くなるぐらい痛いです・・・(^_^;)

17時のチャイムとともにお手製ネットを引っ張り出して、

残業開始の17:30まで、みんな汗だくになりながら

これまたアツい戦いが繰り広げられるのでした~!

次にご紹介するのは、こちら!

サッカーです!

このサッカーコートは、新建屋建設と同時に従業員のリクエストにより設けてもらいました!

周りのネットと柱はなんと、、従業員自ら立てました!!!

材料を集めて柱作り、ペンキで色を塗り、1~2週間ほどで完成していました!

ゴールも手作りです!

なんでもやってのけちゃいます(笑)

そして、こちらも真剣勝負!┌(`・_・´)┐!!

暑くて服を脱いでプレーしてる人もいます(笑)

 

サッカーも17時のチャイムとともに集まって、残業開始の17:30までプレーします。

残業がない人はもう少しプレーしてから家に帰ります。

 

私も一度混ぜてもらおうと思ったのですが、

レベルが高すぎる&激しすぎるので、ネットの向こうから

応援することにしました・・・(;・∀・)

最後にご紹介するのは、こちらです!

卓球です!

 

卓球は、昼食を食べたあと始まります。

卓球をする人は、10分程でご飯を食べ終わり、昼休憩終了のチャイムがなるまで試合をしています!

 

これがまた、と~~っても盛り上がっていて、私たちが会話をしていても

相手の声が聞こえないぐらい、大盛り上がりなんです(;・∀・)

みんな食べ終わるのが早くて、この時既に各々の休憩に入ってしまってるので

人が少ないです。

 

ルールは、通常の卓球とは得点方式が違います。

そして、得点方式には2パターンあります!

前提として、球を打ち返せなかったり、返した球がミスになった人がミスの回数を自己カウントします。(点を決めた人が得点を取るのではない・・・!)

<1パターン目>

ミスの加点が「(自分)3-0(相手)」となった場合、(自分)選手交代となります。

交代で場外となった人は、ペナルティーとして屈伸を5回します!

もし、「1-1」・・「2-1」・・・「2-2」とお互いミス加点が同点の場合は

先にミス加点「5点」となった人の負けです。

<2パターン目>

ミス加点がもし「(自分)5-1(相手)」となった場合、(自分)が5回ミスをしているので交代となり、ペナルティーとなります。

簡単に言うと、3回以上連続ミスをした人の負けですね(-.-)

(上写真はペナルティー中です・・)

写真には製造部長のNさんの姿も・・・!

(ダイエットのために最近はじめたそうです・・・(笑))

と、こんな感じでみなさん休憩タイムをリラックス(?)しています!

 

そして、ご覧頂いてわかるとおり、タイの方はスポーツが大大大好きです!

会社内にスポーツジムがあるところもありますし、

バンコク長津よりもっと広いサッカーコートがある企業さんもたくさんあります!

 

仕事で汗を流し、スポーツで汗を流し、激辛タイ料理で汗を流して

きっとタイの方はとても代謝が良いと思われます!!!

運動不足という言葉は彼らの辞書には無さそうです(笑)

 

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました!!

Sawasdee kha!!


加賀工場 第2倉庫棟完成

みなさんこんにちは、加賀工場のたじやんです^o^

今年最初の記事は、昨年12月末に完成した加賀工場の第2倉庫棟の記事を載せたいと思います。

完成を記念して、1月7日に各部門長を招集して安全祈願を行いました。

安全祈願も無事に終わり、翌日から3日間かけて倉庫棟内の区画整備と保管物の移動が始まりました。

自分の働いている職場は、常に自分の家だと思って、これからも綺麗な職場にしていきたいと思います。

今年も沢山のイベント記事を載せたいと思いますので宜しくお願いします。


コマツ石川地区大運動会に出場してきました!

みなさんこんにちは、たじやんです^o^

11月17日(日)こまつドームで年に一度のコマツ石川地区大運動会が開催されました。
コマツ調達本部様と協力企業(みどり会)が1チーム(緑団)となり参加してきました。
運動会は全部で8種目あり、長津工業は昨年に引き続き今年も15名で行なう大縄跳びに出場です⤴⤴(回し手2名、跳び手13名)

2013年に初出場で優勝した以降は、良い結果が出ておらず、加賀工場のI工場長より「昨年の課題を修正し、今年こそは目標100回以上飛んで優勝するぞ!!」と激励の言葉を頂きました。
さらにI工場長から自主練習用の個人用の縄を選手全員にプレゼントして頂きました。

そしていざ練習。
回し手の2人は、リズムを取る太鼓の音を聞きながら縄を回す速さを確認し、
跳び手も太鼓の音と縄の速さを確認しながら体でリズムをとるところから始まり
ました。

自主練習の成果もあり、練習を重ねるたびに回数も増え、80回まで飛べるようになってきた選手たち⤴⤴

この調子でいくと本番に奇跡が起きるかも ^o^
練習では目標の100回には届きませんでしたが、本番に強い選手ばかりなので
全員で心を一つにして絶対優勝するぞ~\^o^/

本番当日、他の種目競技が終わりいよいよ『大縄跳び』、長津工業の出番がやってきました。

ここでルールを説明をします。
2回競技を行ない、多く跳んだ方の回数がそのチームの記録となり、8チームで回数を競い合います。

さあいけ、長津の若武者たち!

1、2、3・・・ よしよし無難なスタート、

50、51、52・・・ いいぞ、いい感じ、

80、81、82・・・ すごい、自己ベスト更新⤴⤴

これはいけるぞ!!頑張れ~もっと飛んでくれ~
周りからの熱い声援をいただきながら・・・

・1回目の記録:93回(自己ベスト!!)

1分間の休憩を挟んでの2回目。
さすがに1回目に全力を出し切った選手たち・・・、
それでも2回目も63回と好記録!!

8チームが飛び終わったところで結果発表です。
第1位:125回(青団)
第2位:93回(緑団)

1位の記録まではまだまだ遠いですが、選手全員が心を一つにして、まさに『ONE TEAM』となって跳んだチーム新記録93回!!やったぁ\^o^/
目標にしていた100回以上には残念ながら届きませんでしたが、本当に選手の皆さん
頑張ってくれました。
応援に駆けつけて頂きました方々にもこの場を借りてお礼を申し上げます。
最後に選手と応援に駆けつけて頂きました方々と記念撮影。

来年こそは100回以上跳んで優勝できるように頑張りたいと思います!!
選手の皆さん本当にお疲れ様でした(^^♪


【バンコク長津】リンク圧入装置のインバーター化が実現!

いつもながぶろをご覧いただきありがとうございます!

バンコク長津のあっちゃんです。

 

今回のブログは、先日バンコク長津の履帯組立ライン リンク圧入工程の装置改造のため日本から出張に来て頂いたときの様子をご紹介したいと思います!

 

まず、リンク圧入工程を簡単にご説明いたします!

 

前工程で組み合わせたこちらの部品を圧入台に置きます。

 シールをセットして、こちらの”リンク”と呼ばれる部品を左右にセットします。

横方向から圧入して、先ほどの前工程で組み合わせた部品とリンクをしっかり固定させます。

ここまでがリンク圧入工程となります。

   (本当に簡単な説明・・・。)

 

装置改造に戻って、まず今回の改造のねらいとしては

(1)安全対策;他社様での事故報告を受け、長津国内工場の改善を取り込み

        両手操作による手、指の挟み込みを防止!

(2)省電力化;インバーター化により待機時の電力をカット!

です!

 

それでは、改造前と改造後の装置を見てみましょう。

 

改造前はこのように右手でレバーを操作して、左手は部品の位置にありました。

装置改造後はこちらのボタンを設置し、ボタンを押しながらレバーを操作するようになり、両手作業となりました。

 

このボタンを押すことによって圧入レバーへの電流が通常の速さで流れ、

ボタンを押さないで圧入レバーを操作したときは電流が遅くなり、圧入機はゆっくりと動きます。

 

これで”ねらい”の2点はクリアとなりますね!

 

そして、この素晴らしい装置をセッティングしてくれたのは

西工場から来てくださいました設備保全課のT課長と

 

加賀工場から来てくださいました同じく設備保全課のN主任です!

 

 

そしてそして、改造後の圧入機の説明と作業方法を教えてくれたのは

加賀工場から来てくださいました組立課のYさんです!

 

みんな真剣にYさんの的確な作業を見ています・・・

日本から届いた荷物をチェック!

工場内を案内をするバンコク長津・S工場長とT課長、N主任、Yさん。
(なにやら楽しそう)

 

今回、装置改造や作業教育の他にも機械課の設備の修繕や他工程の組立作業アドバイスなどもしてもらいました!!

1週間と短い時間でしたがたくさんバンコク長津のサポートをしていただき、本当にありがとうございました!!!

 

最後に恒例の記念写真!

 

みんで GOOD LUCK ポーズ! (タイの方はピースよりこのポーズみたいです)

事務所スタッフも記念に1枚!

 

国は違いますが同じ長津グループとして、これからも長津グループのグローバルな発展のために共に協力し合いながら頑張っていきましょう!!!!

そしてまたいつかタイか日本で、お会いしましょう!!!!

 

それでは

Sawasdee kha!!

 

 

☆,。・:*:♪*・゜:。゜’★,。番外編 ☆,。・:*:♪・・゜’★,。・:*:♪゜

 

せっかくタイに来て頂いたなら楽しんでもらわないと!!!

・・・ということで、仕事終わりの写真を少しだけご紹介します!

 

タイカルチャーも堪能していただきました!笑

よく見るとこれは・・・(*_*; 

タイの屋台レストランでパシャリ☆

パッタイは本当に安くておいし~んですよね~!!!

 

この日はバンコク長津のセンター長・班長たちと一緒に中華をいただきました!

ごちそうさまでした~!  (ビールを何本開けたかは秘密です。。。笑)

 

そして!食後のあとと言ったらこれですよね!!

甘~~いデザート!

T課長は、メニューを見てマンゴーだと思って注文したら

食べてびっくり!とうもろこしのパフェだったそうです!!!笑

ナシではない。と言いながら完食しておりました!笑

 

☆,。・:*:♪*・゜:。゜’★,。☆,。・:*:♪・・゜’★,。・:*:♪゜☆,。・:*


ベトナム女性の日

Xin chào
長津ベトナム(NVC)のまめです。
かなり久しぶりの投稿ですが、私は元気です。

ベトナムには、「女性の日」と呼ばれる特別な日が年に2回あります。
3月8日の「国際婦人デー」と呼ばれる世界で知られる記念日と、
10月20日の「ベトナム女性の日」です。

1930年10月20日に女性の地位を向上するために、
ベトナムで初めて婦人の組合(現在のベトナム婦人連合会)
が正式に設立された事がきっかけとの事です。

プレゼントは花が定番ですが、シャンプーや化粧品などの日用品送ったり
家事育児を手伝うなどで感謝の気持ちを表すこともあります。

前フリが長くなりましたが、NVCで「女性の日」のイベントを行いました。
女性従業員全員を3チームに分け、生花の出来栄えを競うものです。

芸術に疎い私も審査員として参加しました。
審査項目は主に3つ、段取り、プレゼン、出来栄えです。

どの作品が勝った、なんて野暮な事は言いません。
ラグビーで言えば、ノーサイドです。

皆さんはどれが気に入りましたか?

余談ですが、先日ベトナム人妻を持つ日本人紳士の会、「愛妻会」がありました。
その中で、女性の日の話題がありました。

「花をプレゼントしたらすぐ枯れるから勿体ないと怒られ
しなけりゃしないで怒られる。どないせーと・・・」
と、おノロケ全開でした。

ベテランはすかさず
「どっちでも怒られるならあげておいたほうがいいよ。
あげないと一生言われるから。」

ん、リスクアセスメントの時間かな?と勘違いしそうな
深みのある言葉でした。


小松商業高校様が工場見学に来られました!

こんにちは!
小松西工場のリッチです。

先日9/25(水)に小松商業高校の1年生44名が小松西工場を見学に来られました!

会社紹介を行った後、実際に工場内を見学して頂きました。

実際に社会人になるまでは、「働く」ということをイメージしにくいと思いますが、当社の工場見学を通して、ものづくりのやりがいや魅力を少しでも感じてもらい、+αで長津工業という会社を知ってもらえたら幸いです!

今回は商業高校ということもあり、女子生徒さんが数多く見学に来てくださいました!
当社のような製造業は、生徒の皆さんの目にはどのように映ったのか、本音のところをじっくりお聞きしたいくらいでしたが、今回はスケジュール上我慢しました。(笑)

長津工業を見学してものづくりが好きになった、興味が沸いたという生徒さんが1人でも多くなるよう、働く人が自然と活き活きしているような魅力のある会社を目指し、これからも改善し続けたいと思います!

 


こまつの杜 里山フェスティバル『かかしコンクール』出展

皆さんこんにちは!ぐっさんです!

もう10月ですね~、皆さんは秋といえば何を連想しますかね~??

うんうん、

そうそう、

そうですよね、やっぱり『かかし』ですよね!

ということで昨年に続き、今年もこまつの杜 里山フェスティバルの
『かかしコンクール』に長津工業オリジナルかかしを出展しました!!

昨年は加賀工場が制作を担当し、一般投票で見事に第一位に選ばれました。
今年は小松西工場が担当します。

 

7月上旬、作品の構想を練って、制作スタート。

テーマは『身の回りの不用品を再利用したエコかかし』

材料となる木材や針金は工場の廃棄物置場から調達しました。

かかしのイメージは、皆さんの記憶にも新しいあの「令和おじさん(官房長官)」です。

スーツはある社員が15年前に購入し体型が変わって着られなくなったものを頂戴しました。

一番苦労したのは顔と髪型です。。。

令和おじさんのトレードマークである髪型が再現できず、なぜかこんなワイルドなスタイルになった時期もありました。。。

9月に入りラストスパート

生産技術部からものづくりのエキスパートがメンバーに加わり、そこから一気に制作が進みました!

そして9月中旬、計画通りにかかしが完成!
コンクールの会場であるこまつの杜に設置しました。

左肩にあるレバーを動かすと額縁を持った腕が上下する遊び心も加えました。
(さすが長津工業の生産技術部!)

展示期間は9月14日~10月18日ですが、かかしコンクールの投票は10月13日(日)の里山フェスティバル当日のみです。

お時間のある方はぜひ会場にお越し頂き、長津工業の令和おじさんかかしに清き一票をお願い致します!!!

【かかしコンクール案内】
https://www.komatsunomori.jp/event/detail/post-1174.html

 

 

 


金沢城リレーマラソン2019 ~秋の陣~

こんにちは。こまめです。

 

春の陣では恒例となりました金沢城リレーマラソン!!

今回は初めて秋の陣に出場してきました🏃

 

朝方はあいにくの雨。。。

道中みんなのテンションは下がり気味でしたが、

スタート前には太陽も出てきて暑いぐらいの良い天気でした☀

 

いつもは”フルコース部門(1.9km×22周)”の部門に出場していましたが、

今回は”4時間耐久コース”の部門に参加しました。

4時間で何周走れるか己との戦いです🔥

 

それでは写真と共に報告いたします(^▽^)/

まずは服装に気合を入れて、、、

円陣を組んで、団結力を高めて、、、

いざ、スタートです!!!

 

みんないい表情で走っていました!!一生懸命に走りる姿はかっこいいですよね★

応援にハイタッチでこたえて、、、

仲間や家族の声は力になりますね☺

しっかり給水もして、、、

って休みすぎな気もしますが(笑)

最後の一周は自然と人が集まりみんなで走ったり、、、

4時間を走り切り、みんなでゴール!!!

長い長い闘いでしたが、最後はみんな達成感に溢れとても充実していました。

 

初めての秋の陣、初めての耐久コース、

いつもとは少し違う雰囲気の金沢城リレーマラソンでしたが、

いつも以上にみんなのいい表情がみれ、

チームも団結力も高まったのではないかと思います。

スポーツの秋。これを機会にみなさんも体を動かす機会が増えればと思います。

次回のリレーマラソンに向けて皆さん頑張りましょう🏁

 

 

 

 


スウェーデン・ウメオ市訪問団様 ご来社

みなさんご無沙汰しております、ぐっさんでございます。
久々の投稿です。

8月27日(火)、はるばるスウェーデン・ウメオ市から総勢17名の訪問団の皆様が小松西工場の見学に来られました。ウメオ市の国際交流担当課長、ビジネス課長、ウメオ大学の教授など顔ぶれはさまざまです。

スウェーデンといえば、自動車のボルボ、家具・雑貨のIKEA(イケア)、サッカー選手のズラタン・イブラヒモビッチなどが有名ですよね~。

まずは会社概要紹介。
スウェーデンの公用語はスウェーデン語だそうですが、英語もほぼ通じるということでこの日のために英語バージョンの資料を用意。通訳さんと阿吽の呼吸で紹介を進めます。

工場見学では皆さん生産設備や製造工程の説明に興味深々です。
案内をしていて気持ち良くなるぐらいのリアクションでした。

社長と訪問団ご代表との固い握手。両国の絆がより一層深まった歴史的瞬間です!(大袈裟?)

最後は玄関前で記念撮影。
皆さん大変ご満足頂けた様子でした。

最近では海外からのお客様をお迎えすることも大変多くなりました。
これからも国内外を問わずたくさんのお客様のお越しをお待ちしております!
(そろそろ駅前留学しようかな~)

 


焼きばめ装置を導入しました!

こんにちは、あじ-Bです。

先日、本社第二工場に「焼きばめ装置」が導入されました。

パッと見た感じ、工具のプリセッターに良く似てますね。
(どちらも工具を載せるものなので当然なのですが)

●そもそも「焼きばめ装置」とは?

焼き嵌め
常温では軸より小さい穴を、加熱膨張させることで
はめあわせ、堅く結合させるものである。ウィキペディア

→この方法で切削工具とホルダーを組み合わせるために
ホルダーの加熱と冷却を行う装置が「焼きばめ装置」です。

●なぜ「焼きばめ」なのか?
 工具とホルダーを組み合わせるのは、一般的にはコレットチャック
が良く使われます。
 コレットチャックだとホルダーの上部を締めこんでいけば工具が
固定されますが、焼きばめホルダーだと専用の装置と加熱の手間が
必要です。
なぜそうまでして焼きばめホルダーを使用するのでしょうか?

→部品点数が少なくできる!

 一般的なコレットチャック方式では、ホルダーと工具の間に
コレットチャックと締め付けナットが必要ですが、焼きばめだと
それらを挟むことなく直に工具を掴むことができます。
 部品点数が少なくなるとその分ガタや誤差が出にくくなるため
精度が向上します。また、ホルダー自体が肉薄で細くなるので、
干渉しにくくなるというメリットもあります。

→コンパクトで高精度・高剛性
 シンプル イズ ベスト!

●使い勝手と安全性は?
 優れているのは分かりましたが、金属のホルダーが膨張するほどの
温度を安全に取り扱えるのか少し不安ですね。しかし実際には
加熱→焼きばめ→冷却の一連の作業はカバーの下で行われ、人の手が
触れる範囲には熱が伝わらないので、火傷の恐れはありません。

●今後の活躍
 工作機械と切削工具は年々進化していますが、その間には
必ずホルダーが存在しています。縁の下の力持ちとして
加工技術の底上げを担ってくれることでしょう。