ベトナム文化紹介 ~結婚式~

Xin chào
長津ベトナム(NVC)のまめです。

昨年の12月30日、31日とベトナム人の結婚式に参加したので
ちょっぴりこちらの結婚式の紹介をします。

まず、「年の瀬に結婚式とは!」と思われる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
通常は、日本と同じくグレゴリオ暦(太陽暦)で生活しますが、
正月や結婚式などのイベントでは、グレゴリオ暦の前の暦を参考にします。
通称、旧暦、もしくは太陰暦、ベトナムに至ってはベトナム暦と呼ぶそうです。
旧暦では、30日31日はとても良い日だそうで、各地で結婚式が行われていました。

さて、結婚式の流れについて説明します。地方によって若干異なると思いますが、
ニンビンで行われた結婚式をご紹介します。

写真のように、結婚式の際は歩道や車道を占拠してテントを張る光景をよく見かけます。
そして、夜な夜な賑やかな音楽で式を盛り上げます。
警察もご近所も、この日ばかりは大目に見てくれるんですね。

まず1日目。Lễ ăn hỏi という儀が行われます。婚約の儀、でしょうか。
奇数の独身の男女(7名ずつが一般的なようです)による交換の儀が行われます。

新郎側が、新婦側の家に赴き、7名の男性から女性へ果物・お菓子・酒・タバコなどを渡します。
代わりに女性から男性にお金を渡していました。
このお土産の内容にはそれぞれ意味があるようなので、気になったら調べて下さい。

さて、室内へ移動すると、両家ご両親同士によるお土産の譲渡式です。

婚約の儀は、両家家族同士の儀式のようで、
主役であるはずの新郎・新婦は見てるだけでした。

その後、両家の両親・親族の挨拶があり、
ご飯とベトナム焼酎でワイワイと盛り上がりました。

新郎側はご飯を食べた後、また新郎の実家に戻っていきました。
その後、両家の家ではそれぞれ夜な夜な宴があり、
新郎・新婦とその家族が来賓をお持て成しするんだそうです。

2日目。Đám cưới 、結婚式です。
衣装も、初日の民族衣装からウエディングドレスに変わりました。

新郎のエスコートのもと、全員が新婦の家から新郎の家に移動です。
到着後は、まずは親戚なのか、村の長老によるご挨拶から。

その後はケーキカット

シャンパンタワー

乾杯。ん、この飲み方は?

その後、指輪交換と永遠の誓いの口づけありましたが
写真家に阻まれ写真撮れませんでした。

一通り終わると、新郎新婦が各テーブルをお酌して回りながら
各々会食へとなだれ込みます。

今回は紫色の地酒でした。
幾度となく繰り広げられる乾杯音頭はさすがに厳しかった。。

食べて飲んで、いよいよ別れの時。
新婦の両親・兄弟とは涙の別れです。
家族の強い絆を感じた瞬間でした。

私は涙ぐむ新婦に、「お幸せに。また家に遊びに来いよな」
と、酔いながら言ったと思います。

ちなみに、新婦は私の義理の妹です。
最近まで居候してて、まだ荷物も残ってます。
すぐに再会の時は来るでしょう。だから涙は見せない。

とにかく、お幸せに。


NVC忘年会

Xin chào
長津ベトナム(NVC)のまめです。

明けましておめでとうございます。

昨年の12月29日、忘年会を行いました。

いつも利用しているお店が予約取れなかったので
初めて利用する店です。

工業団地に隣接しているレストランなので、
逆に今まで何故利用しなかったのか不思議なくらい
絶好のロケーションにあります。

雰囲気もいいですね。

蛙もフレッシュです。

18時過ぎても、飾り付けの真っ最中。
それより、横断幕とか風船とか、、、
年々気合の入り方が高まっている気がします。

さて、そろそろ乾杯かなと言う瞬間、電気が消えました。
え?え?サプライズの誕生日?という雰囲気ですが、
ただブレーカーが落ちただけでした。

とにもかくにも、社長による乾杯の挨拶。
従業員100名超えるとなかなかパワーがありますね。

食事もなかなかのご馳走です。
テーブルに置けない事など気にせずどんどん料理を運んできます。

そして、、、始まりました。
従業員と社長との延々続く相酌の儀。
2018年入社の女性に酒豪がいて、
社長やベトナム人スタッフとひたすら酌を交わし続けました。
ここまで積極的に飲んでくれる女性はNVC初です。
新たな時代の幕開けを予感させるとかしないとか。

我々日本人はノックアウト寸前ですが、
ベトナム人はケロっとして飲んで歌って大騒ぎです。
私は最後の気合で、カラオケデュエットしました。
何故か他の従業員からバラを3本もらいました。
どうやら、私の歌声を気に入ってくれたようです。

宴もたけなわ、カラオケ大会から
いつも意味が分からないんですが皆でダンス。

まあ、、、元気があって良いですね。
この勢いで2019年も、獅子奮迅の勢いで頑張りたいと思います。


6月23~24日 社員旅行 in Sam Son Beach

Xin chào
長津ベトナムのまめです。

6月23日、24日と泊りがけで社員旅行に行ってきました。
目的地は、Sam Son Beach。

初日は移動後、岩を見ました。
日本で言う、夫婦岩みたいなもんでしょうか。。

弊社従業員は全く興味を持ってませんでした。

さっ、何はともあれ、ホテルに到着。

見事なオーシャンビュールームでした。

お昼ご飯は、こんな感じです。
ちなみに、夜ご飯も翌日の昼ご飯も似たようなメニューでした。

ビール片手に従業員がやって来るので、乾杯の連続です。
昼食後はしばし休息。
からの、チームビルディング。

社長も参加し、大いに楽しんでました。

どうやら赤が勝ったようです。
そして最後はお決まりの集合写真。

このポーズの意味は分かりません。

そして夜は大宴会。社長の挨拶の後で、乾杯♪

様々な余興の後、お決まりのカラオケ大会へ突入していきます。

これは、風船早割り競争ですね。

その裏では、何度も何度も乾杯コールが行われていました。

社長との、ちぎりを交わす順番待ちが出来るほど。
飲んでるのは、従業員が持ってきた度数の強い地酒。

私は、1次会で朽ち果てましたが、
社長は2次会に参加するため夜のSam Sonに消えていきました。

トラブルも旅の醍醐味と言いますが、色々ありました。

私の部屋はエアコンが10分おきにブレーカー上がるから暑さとの戦い。
シャワーは水しか出ない。
社長の帰りのエレベーターが止まって閉じ込められる、などなど。

あぁ、疲れた orz


森精機新型マシニングセンタ、来る

2018年5月7日(月)、今年一番の晴天と暑さの中、
遂に森精機のマシニングセンタ搬入の日を迎えました。
今回は、この不肖まめが搬入業者選定をさせて頂きました。
日本では考えられないトラブルがあるのがここベトナム、
心配で睡眠時間も6-8時間とバラツキが出ました。
色々考えて日系の業者を選びましたが、
作業前のミーティングとタッチアンドコールをしている姿を見て
選定に間違い無いなと確信しました。

白メットの現場監督がキビキビと指示を出し、
新型機械初お目見えとなりました。


さて、機械設置予定場所はココです。


指定された場所に、ソロリソロリと機械を移動します。


位置が決まったら、バトンタッチ。
電気設備メーカーと、機械メーカーによる
電源接続とレベル出し作業開始。


5/10より、いよいよ、スーパーバイザーによる操作指導開始!

「iPadミタイネ!」とベトナム人。
「お、おう!」と答える自分。
iPad触った事ありませんが、何か?

間もなく、記念すべき1個目の完成品が出来、
来月からは本格量産開始の予定です。

今月末、バリ取りエリア移動
来月、自動旋盤移設
再来月、オークマ旋盤2台搬入

忙しくなりますが、よりパワーアップした工場へと
生まれ変わる、そう思います。


長津ベトナムは千客万来♪

2018年1月より、森新社長体制になり、
来客ラッシュとなりました。

封切りは、本社の安木工場長から。
写真は5S、安全指導の様子です。

元BNCの松原さんもタイミング良くNVC訪問中だったので
一緒にパトロール&アドバイス頂きました。

夜は、スタッフも交えての懇親会。
松原さんから高級ウイスキーを提供頂きましたが、
スタッフは安酒のごとく一気飲みを繰り返していました。
味と香りを楽しんで欲しかったな。。

そしてお次は、津田社長。
コマツ小山地区協力企業の皆様方のアテンドも兼ねておりました。

コマツ小山地区協力企業ご一行様としっかりと意見交換をさせて戴きました。

ちょうど、NVCの新年会の計画もあり、
津田社長にも電撃参加して頂けました。

乾杯の後は、食事。からの、カラオケへ。

KUK (Komatsu UK)からもお客様。
が、写真一枚も撮っておりません。

そして締めのビッグイベントが、
本社から津田会長のアテンドにより取引先役員様がご来社されました。

我らが森新社長も、プレゼン準備に余念ありませんでした。

森新社長、お疲れ様でした。
ご来社いただいた皆様、有難うございました。
長津ベトナムへ来た事がある方もまだの方もぜひベトナムへお越しください。
お待ちしておりまーす!


長津ベトナム工場設立10周年パーティー

少し古い内容で申し訳ありませんが、
2017年12月30日、長津ベトナム工場設立10周年パーティーがありました。

へぇ、、、ベトナム工場10年もやってたんだ。
そこ、そんな事思わないでよ。

ベトナム人は、日本人に比べて事前計画と段取りを苦手としてますが、
ことパーティーに関しては早い段階でせっせと計画してました。

スタッフの画面を見ると、いつもネットでラッキードローの景品を探してました。
そーゆーのは、休み時間にやって欲しいんだけどな。まあいいか。

そんなスタッフの肝いりのパーティーは、
1.レクリエーション

2.乾杯♪からのお食事

3.プロによる歌とダンス披露

後ろのビッグスクリーンでは、
長津ベトナム10年の歴史をスライドショーで流しました。

4.ラッキードロー

という構成でした。

場所も、日本人がよく利用するゴルフコース横のリゾート施設。
パーティー会場もなかなか豪華でした。

ラッキードローの目玉商品は、国内飛行機チケットや冷蔵庫など。
冷蔵庫て、、、バイクで持って帰る事を微塵も考えていない
攻めのチョイスが彼らっぽくて胸が熱くなりました。
どうやら、航空券を当てたのは彼らのようですが
酔ってて全く覚えていません。

ラッキードローの最中、徐々にベテランのスタッフ連中の表情曇っていきました。
長年会社の為に頑張ってくれたんだからと、通常の2倍の当選確率だったんです。
でも、当たらない、当たらない。

最終的にベテランで景品もらえたのは一人だけでした。
いいんじゃないでしょうか、公平なくじ引きだったって事で。

きっとベテラン連中はそう思ってない。
15周年などを計画して、次こそはと燃えているんでしょう。
でもそれが仕事のモチベーションに繋がってくれればいいか。

最後は、お決まりの集合写真をば。

従業員見て気づきました?そう、みんな若いんです。
この若さ溢れるパワーでこれからも長津ベトナムは頑張ります。

万が一、万が一、日本の工場の皆様に迷惑掛けたときは、
「ふっ、まだまだだな。若いっ」
とOTONAの心で見守っていただけると笑顔です。


ベトナムより愛を込めて

皆さん、初めまして。

長津ベトナム工場のまめです。
満を持して、初投稿させていただきます。

私が赴任する時、友人に話すと

「お、どこ?アメリカとか??」

まめ:いや、東南アジアの方ね。

「中国?タイとかインドとか?」

まめ:ベトナム、だね。

「え?あ、そう。まあ、頑張ってな」

明らかにトーンダウン。
きっと、メジャーな国だったら「遊びに行くわ」言ったんだろうが。。

さて、皆さんはベトナムについてどんなイメージ持ってますか?

戦争のイメージ強いから、まだこんな感じ?

私のイメージも、まだまだ田舎だろうなーと思ってました。

いやいや、東南アジアと言ったらコレさ~♪

いいねいいね、分かってる。

ただ、最近は日本の大都市並に高層ビルが建ち並び
ビックリするような金持ちが超高級車を転がしている風景はあまりイメージないかも知れません。

そんな皆さんのギャップを埋めつつ、ベトナム、そして長津ベトナム工場の
イメージアップに繋がるような投稿をしていければと思っています。

以後お見知りおきを。

おまけ
これは、ニャッタン橋、通称「日越友好橋」です。
インスタ映え、してるでしょ??