こまつの杜 里山フェスティバル『かかしコンクール』出展

皆さんこんにちは!ぐっさんです!

もう10月ですね~、皆さんは秋といえば何を連想しますかね~??

うんうん、

そうそう、

そうですよね、やっぱり『かかし』ですよね!

ということで昨年に続き、今年もこまつの杜 里山フェスティバルの
『かかしコンクール』に長津工業オリジナルかかしを出展しました!!

昨年は加賀工場が制作を担当し、一般投票で見事に第一位に選ばれました。
今年は小松西工場が担当します。

 

7月上旬、作品の構想を練って、制作スタート。

テーマは『身の回りの不用品を再利用したエコかかし』

材料となる木材や針金は工場の廃棄物置場から調達しました。

かかしのイメージは、皆さんの記憶にも新しいあの「令和おじさん(官房長官)」です。

スーツはある社員が15年前に購入し体型が変わって着られなくなったものを頂戴しました。

一番苦労したのは顔と髪型です。。。

令和おじさんのトレードマークである髪型が再現できず、なぜかこんなワイルドなスタイルになった時期もありました。。。

9月に入りラストスパート

生産技術部からものづくりのエキスパートがメンバーに加わり、そこから一気に制作が進みました!

そして9月中旬、計画通りにかかしが完成!
コンクールの会場であるこまつの杜に設置しました。

左肩にあるレバーを動かすと額縁を持った腕が上下する遊び心も加えました。
(さすが長津工業の生産技術部!)

展示期間は9月14日~10月18日ですが、かかしコンクールの投票は10月13日(日)の里山フェスティバル当日のみです。

お時間のある方はぜひ会場にお越し頂き、長津工業の令和おじさんかかしに清き一票をお願い致します!!!

【かかしコンクール案内】
https://www.komatsunomori.jp/event/detail/post-1174.html

 

 

 


スウェーデン・ウメオ市訪問団様 ご来社

みなさんご無沙汰しております、ぐっさんでございます。
久々の投稿です。

8月27日(火)、はるばるスウェーデン・ウメオ市から総勢17名の訪問団の皆様が小松西工場の見学に来られました。ウメオ市の国際交流担当課長、ビジネス課長、ウメオ大学の教授など顔ぶれはさまざまです。

スウェーデンといえば、自動車のボルボ、家具・雑貨のIKEA(イケア)、サッカー選手のズラタン・イブラヒモビッチなどが有名ですよね~。

まずは会社概要紹介。
スウェーデンの公用語はスウェーデン語だそうですが、英語もほぼ通じるということでこの日のために英語バージョンの資料を用意。通訳さんと阿吽の呼吸で紹介を進めます。

工場見学では皆さん生産設備や製造工程の説明に興味深々です。
案内をしていて気持ち良くなるぐらいのリアクションでした。

社長と訪問団ご代表との固い握手。両国の絆がより一層深まった歴史的瞬間です!(大袈裟?)

最後は玄関前で記念撮影。
皆さん大変ご満足頂けた様子でした。

最近では海外からのお客様をお迎えすることも大変多くなりました。
これからも国内外を問わずたくさんのお客様のお越しをお待ちしております!
(そろそろ駅前留学しようかな~)

 


大聖寺実業高校様にて講話

皆さんこんにちは、ぐっさんです!

昨年に続き今年も大聖寺実業高校様からご依頼を頂き、3年生を対象とした企業人講話を行なってきました。

テーマは『社会人になるための心構え』
数ヵ月後には社会人デビューを控える3年生に、実社会の景気動向や学生と社会人の違い、残りの高校生活の過ごし方などについて、実際に企業に勤める社会人の立場からアドバイスをするという主旨の講義です。

長津工業には「長津社員の行動基準」というルールブックがあり、主にその内容を基にして、これまでの学生生活との違いや、挨拶をはじめとしたコミュニケーションの大切さ、ルールやマナーを守ることの重要性などを中心に話をしてきました。

私の話を聞きながら皆さんしっかりメモを取ってくれていたので、その姿がとても嬉しかったです。大勢の前で話をするのは何度経験しても緊張するもので・・・、伝えたかったことが3年生の皆さんにどの程度伝わったかは分かりませんが、何か1つでもこれからの生活に役立ててもらえたら、と思います。

大聖寺実業高校の関係者の皆様、貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。


社員が結婚しました!

みなさんお久しぶりです、ぐっさんです!!

今日は皆さんにおめでたい話題を1つ。

小松西工場の社員がまた1人、結婚という新たな門出を迎えました~(*^。^*)

式場は石川県金沢市のど真ん中・片町にある複合施設『片町きらら』の
最上階『アルカンシエル金沢』です。

(石川弁で言うところの、「そんなとこに結婚式場あるなんて知らんかったぞいや~」ですね。)

木の緑に自然の光が差し込んで素敵なチャペルです!

幸せそうなお二人!奥様の素敵な笑顔をお見せできないのが残念です。。。

いやいや、この新郎(社員)の幸せいっぱいの表情が見れただけでも大満足!
そんな緩んだ顔、会社で見たことないぞ!!よっこの幸せ者!!

これからも一家の大黒柱として仕事と家庭を両立してがんばりまっしや~!!


2018年に向けて・・・

12/28(木)、今日は長津工業の年末最終稼動日です。

例年最終日は1年の汚れを落とすための大掃除を行なっていますが、小松西工場では今年はさらに・・・
大掃除に乗じて事務所のカーペットを新調しちゃいました~♪

2004年の工場操業開始以来、13年以上蓄え続けたシミや汚れが一掃され、 気持ちいいことこの上なしです!

 

応接室は凝ったデザインを選んでみました↓

カーペットが変わっただけで事務所の雰囲気が明るくなったような気がします☆

来年はいい年になりそうだ~!!

皆さんもよいお年を!!

 

 


企業人による職業講話(大聖寺実業高校様にて)

私事ですが、大聖寺実業高校様からのご依頼により、11/15(水)に3年生を対象に「社会人になるための心構え」と題して、企業人による職業講話を行なってきました。

長津工業には「長津社員の行動基準」というルールブックがあり、主にその内容を基にして、社会人と学生との違いや、挨拶をはじめとしたコミュニケーションの大切さを中心に話をしてまいりました。また自分のこれまでの経験から、残りの高校生活の過ごし方や社会人になってからの生活についてちょっとしたアドバイスもしてきました。(偉そうに言える立場じゃありませんが・・・)

高校3年生の皆さんが私の話を聞いてどのように感じてくれたかは分かりませんが、何か1つでもこれからの生活に役立つことが言えていたら嬉しいかなぁ、と。。。そういう気持ちです。

大聖寺実業高校の関係者の皆様、貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。

☆大聖寺実業高校様のHPにも載せて頂きました
http://www.ishikawa-c.ed.jp/~daisjh/15-schoollife.html


小松工業高校インターンシップ受入れ

10/17(火)~19(木)の3日間、小松西工場で小松工業高校の生徒2名のインターンシップを受け入れました。

小松工業高校からのインターンシップの受入れは2010年から続けており、今年が8回目となります。

3日間という限られた時間ですが、機械加工、組立、部品検査など毎回さまざまな業務を体験してもらっています。

例えば・・・

↑組立に使用するボルトを10本ずつカウントするための専用ケースに詰めて取り揃え。一見地味な作業ですが、これをしてもらえると組立作業者は非常に助かります。

↑工場内の組立道場を使用してのボルト勘締め体験。サイズごとに定められている締付トルクの規格を狙ってボルトを締付け、勘を養う訓練です。

↑機械加工職場では、実際に加工した製品の寸法測定を行ってもらいました。指導を担当する社員も熱心にアドバイスを送ります。

今年インターンシップに来られた生徒からは、「社員の皆さんがとても気さくで、こんなにコミュニケーションを取っているとは思っていませんでした。工場というともっとみんな黙々と作業しているものだと思っていました。」と、特に長津社員の人柄の良さやコミュニケーションの重要性を感じてくれたようです。

長津工業では地域の高校生だけでなく、中学生~大学生まで幅広くインターンシップの受入れ実績があります。ご希望の方はいつでもご連絡をお待ちしております!


大聖寺実業高校の皆さんが工場見学に来られました!

本日、石川県立大聖寺実業高校電子機械科1年の生徒さん40名が小松西工場見学に来られました。

まずは小松西工場の敷地内にある研修センターで会社概要説明からスタート。

40人ともなると研修室もいっぱいいっぱいです。

続いて工場見学。

機械加工から組立、塗装、出荷に至るまでの一連の製造工程を説明。

当社が行っている安全活動や改善活動などの説明に熱心に耳を傾けてくれました。

研修センターに戻っての質疑応答では、出るわ出るわ質問の雨あられ。

中には2回以上質問してくれた人も。

生徒さんの積極的に見学に臨む姿勢に感服致しました。

今回の見学で少しでも長津工業に興味を持ってくれた方、2年後の入社を首を長~くしてお待ちしております。


第6回長津グループ安全衛生大会開催

長津グループでは、安全はすべてにおいて優先しなければならない!】をスローガンに、各職場ごとに「ゼロ災サークル」を結成し、自分たちで知恵を出し合って、より安全な職場に改善していく安全活動を行っています。
(※「ゼロ災」=「労働災害なし」、海外工場を含めて32サークル結成)

先日3月25日には、各工場代表の8サークルが日頃のゼロ災サークル活動の成果を発表する『長津グループ安全衛生大会』が開催されました。2011年から毎年開催しており今回が6回目となります。

大会では、各サークルの安全改善事例をパワーポイントに纏め発表していきます。女性作業者目線での改善活動、機内作業や2人作業などの高リスク作業の廃止など、発表テーマもさまざま。どのサークルも写真やイラスト、ときには動画を交えて発表するなど工夫を凝らします。

今大会では、小松工場の多品種少量・大物加工職場での専用治具作成による安全改善事例が見事金賞に輝きました。

大会の締めは会場全体で声高らかに安全タッチ&コール ゼロ災でいこう、ヨシ!!!」

~安全に近道なし!~

~安全な職場は家族の願い!~

長津グループでは、これからも【完全無災害】を目指して、愚直に安全活動に取り組みます。


日立ビルシステム様から感謝状拝受

長津工業では、2011年から㈱日立ビルシステム様向け昇降機(エレベーター、エスカレーター)部品の製造を行なっています。

この度、日立ビルシステム様から『昇降機部品の原価低減・納期協力』への貢献が評価され、優良取引先として感謝状を頂きました。

昇降機部品の主な製造部門である小松西工場機械課・北森課長の喜びと自信に満ち溢れた表情、コメントをどうぞ↓

「工場各部門が一丸となり【お客様第一主義】でやってきた結果がこのような評価に結び付いたと思います。今後も継続してお客様に満足して頂けるよう、日々精進していきたいと思います。」